地デジアンテナ工事をプロに任せた方がいいのはなぜ?

地デジアンテナ工事に必要な機器や業者を頼る理由

デザインアンテナと通常のアンテナの違い

デザインアンテナ

デザインアンテナは、名前の通りデザインを重視して選ぶ方に向いているアンテナです。平面でスマホのような形をしているため、スッキリとした見た目をしています。壁に取り付けることがほとんどなので、平面でも風の影響をもろに受けず、丈夫という特徴もあります。

通常のアンテナ

よく見る屋根上のアンテナは、高い位置に設置することができるためより安定した状況で電波の受信を行うことができます。家の隣の建物が電波を阻害してしまうこともないので、テレビでしっかりと映像を見ることができます。

地デジアンテナの取り付けで必要なものBEST5

no.1

地デジアンテナ

地デジアンテナ工事を行う場合に一番必要なのはアンテナです。アンテナがなければ電波を受信することができないからです。アンテナには、デザインを重視したデザインアンテナや、高い所に設置が可能なアンテナなど、異なる種類のものがあるため、自分の目的にあったアンテナを見つけて取り付けるようにしましょう。

no.2

電波を測定する機器

アンテナを取り付ける場合は電波を測定しなくては行けないということで選ばれました。プロが使用する電波測定器は、安いものでも5万円前後になります。また、高いものでは25万円ほどの機器もあるため、自分でアンテナを取り付けるとなるとかなりの費用がかかることになります。

no.3

ブースター

電波が弱い場合や、複数のテレビで地上デジタル放送の視聴をする場合に必要な機器のため、3位に選ばれています。電波が弱いままテレビを視聴していると一部のチャンネルが映らなくなってしまったり、最悪の場合全てのチャンネルが映らなくなることもあるので、そのような場合はブースターも一緒に購入する必要があります。安いものなら3,000円ほどで手に入れることができます。

no.4

分配器

アンテナを1つ取り付けたとしても、この機器がないと複数のテレビで地上デジタル放送を視聴することができないためランクインしました。1つのアンテナで複数のテレビを見る場合は電波の分配を必ず行わなければいけません。安いものは数百円で購入することができるため、各部屋にテレビを配置する際は分配器を購入しましょう。

no.5

分波器

地上デジタル放送やBS放送を1つのアンテナで受信する場合は専用のアンテナが必要になりますが、そのアンテナを使用する場合は更に電波を分配する機器が必要ということで第5位になりました。

地デジアンテナ工事をプロに任せた方がいいのはなぜ?

アンテナ

自分で取り付けるとなると高額な費用がかかる

地デジアンテナ工事を自分でするとなると、安く済むというイメージを持っている方が多いでしょう。しかし、高額な電波測定器も必要になるため、かえって業者に取り付け工事を依頼したほうが安くなる場合もあります。

業者に工事を依頼するのがベスト

アンテナの取り付け工事は専門の知識がないと行うことができません。知識が乏しい状態で取り付け工事を行ってしまうとテレビが映らなかったり、映ったとしても雨や風ですぐに壊れてしまう可能性もあります。そうならないためにも専門知識のあるプロの業者に依頼するのがベストなのです。

工事にかかる時間も把握しておこう

アンテナ工事は業者の腕や作業人数によっても異なりますが、アンテナ自体の取り付け工事は大体1時間半~2時間ほどで終了します。他にもブースターの設置を行う場合は更に時間がかかるので、事前にどういった作業があるのか、どのくらい時間がかかるのか確認しておくことで他の予定を調整することが可能になります。

広告募集中